社会保険労務士の仕事

社会保険労務士の仕事とは

Man and woman

社会保険労務士の仕事内容については、大きく3つに分類できます。1つ目は手続き代行の業務で、2つ目は労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類の作成で、3つ目は労務管理や労務相談などのコンサルティングになります。労働関連・社会保険に関する法令に基づいて、申請書・届出書、各種社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険)に関してや、賃金台帳や就業規則や労使協定書などの作成と手続き代行です。労働基準監督署や年金事務所やハローワークなどに代行で提出します。助成金受給手続業務も行います。採用した人材が入社した際に、健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険等の加入手続きを行い、従業員に子どもが生まれれば出産手当や育児休暇の給付手続きや、子どもの扶養手続き及び健康保険証の発行や、介護休暇の給付金手続きや、企業の規模にもよりますが給与計算などや、年金の加入期間、受給資格等の説明や、年金の請求に関する書類を作成代行、行政期間への請求書の提出や、従業員が退職となれば退職に関する手続きを行うなど、ほんの一部ですが企業で働く人々に必要な手続きなど行っています。コンサルティングとなれば、労働条件や賃金制度の設計、人事関係、安全衛生管理や福利厚生など企業の業績アップに関わる部分を支援します。また、個別労働関係紛争の未然防止と解決も行います。紛争解決手続代理業務は特定社会保険労務士のみです。専門性を発揮して企業の人に貢献できるやりがいのある仕事です。そんな社会保険労務士になるために講座で学んでいきましょう。